常識を疑え!! 足や腰をひねってから、後ろ足を蹴ってストレートを打つのは間違い~村田諒太が教えるストレートの打ち方とは~

常識を疑え!! 足や腰をひねってから、後ろ足を蹴ってストレートを打つのは間違い~村田諒太が教えるストレートの打ち方とは~ コラム
村田諒太が教えるストレートの打ち方【初級編】

ボクシングの村田選手の動画が非常に参考になったので紹介します。

ボクシングの打ち方を習う際に、「足⇒腰⇒肩⇒手」で打てと教えられることは非常に多いです。多くのボクサー、チャンピオンに至るまで、足のひねりが大事だと語ります。

そのため、多くのボクシング初心者は、パンチを打つとき足のひねりを強く意識して練習することになります。

ですが、この動画で村田選手はそれは間違いで、むしろダメな形と言われている手打ちから入っていき、それに合わせて自然と足や腰がひねられている状態が理想形だと語っています。

パンチやキックはインパクトする瞬間、体が安定していることが非常に大事です。どんなに早く振りぬいたつもりでも、当たった瞬間、体勢が不安定だと威力が出ません。

足や腰を意識して強くひねった状態で手を伸ばしてパンチを打つと、インパクトするときの態勢は最悪で、手を伸ばした状態で拳を前から軽く押されただけで後ろに転倒しそうになるほど安定感がないです。

逆に手から入ってそれに合わせて足や腰を正しくひねっている状態だと、強く押されても倒れたりしない強固な態勢に自然となっているようです。

ただし全くの初心者は足や腰を自然に(そして正しく)ひねるということ自体が身についていないため、まずはパンチを撃った時に正しくひねる状態を覚えてから、足や腰を変に意識せずに打てるようになることが大事だと思います。

私が大好きな空手の達人、中達也先生もDVD「技のトリセツ」の中で、強い構えや、強い突きの打ち方を意識することが非常に大事だと語っています。

あなたにも出来る武道空手!『中達也・ 技のトリセツ』DVDの中身を30分見せちゃいます!Naka Tatsuya, Budo Karate Technique from New DVD

また村田選手は動画の中で後ろ足を蹴るようにするといい、というのも間違いでむしろ「腹を据えて」打った方がいいと語っています。

打撃の練習に関してはヒットするタイミングで体が安定しているかを常に確認し、安定していない場合は間違っている可能性を疑ってみるのがいいかもしれませんね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました