2020年9月24日(木)の格闘技ニュース

昨日の格闘技 昨日の格闘技

昨日の格闘技(できごと)では、総合格闘技やキックボクシングなどの格闘技のニュースを中心とした日々の出来事をその大小に関わらずさらっと読める形式でご紹介します。

『RIZIN.24』 見どころ徹底解剖

『RIZIN.24』直前番組がyoutubeチャンネルで公開されました。番組ではゲストに江幡塁選手、浜崎朱加選手を迎え今大会の見どころを徹底解剖しました。

見どころ

矢地祐介(KRAZY BEE) vs 大原樹里(KIBAマーシャルアーツクラブ)

矢地選手は『RIZIN.22』敗北後数日のうちに榊原CEOに9月に出たいと直談判。崖っぷちに追い込まれた矢地選手に対して実績も経験も申し分ない大原選手との一戦。矢地選手には『RIZIN』デッドオアアライブ、負けられない試合となるが決して簡単な相手ではない。

大原選手は打撃系の選手のため、矢地選手のジークンドーなどの新しい打撃のエッセンスが花開くか。そこも見どころの一つ。

スダリオ剛(フリー) vs ディラン・ジェイムス(ランズエンドプロレスリング)

相撲界で才能に恵まれていて将来が期待されていたスダリオ剛選手。若干23歳の才能ある元力士がMMAに参戦するのは過去に例を見ない。今回はスダリオ選手の方から、とにかく出たいというアピールがあっての出場。若さ、やる気がそろった力士がエンセン井上氏の元、MMAの修行をすると、どれほど強くなるのか。

ディラン・ジェイムス選手はベースがレスリングで打撃もやっているプロレスラーということもり、MMAへの適応度が高いことが予想される。両者身長190CM越えのヘビー級の迫力ある戦いが大きな見どころとなるだろう。果たして1ラウンド決着はあるのか?

RENA(AACC) vs 富松恵美(パラエストラ松戸)

『RIZIN.24』で唯一の女子のカード。久々の試合となるツヨカワ女王RENA。浜崎朱加選手が1年前と比べ物にならないほど強くなり、寝技の練習を重ねストライカーからオールラウンダーになったと語るRENA選手の進化が見られるか?

DEEP JEWELS等で活躍する経験豊富な富松恵美選手を相手にどこまでの試合が作れるのか? 実力が試される試合となる。

金太郎(パンクラス大阪稲垣組) vs 瀧澤謙太(リバーサルジム東京スタンドアウト)

視聴者から出場を要望されることが多かった金太郎選手。一部クリアしなくてはいけない契約のポイントがクリアされたことでギリギリで出場が決定。榊原CEOの耳にも大きな金太郎コールは届いていたようで、出場の発表が出来なかったことで怖い思いをしていたと吐露。

実はパンクラスでの対決が決まっていたパンクラシスト同士の一戦。瀧澤謙太選手は判定決着はないと語っており、二人のストライカーのヒリヒリした試合が見られることは間違いない。混沌としたバンタム級戦線の中でも珠玉のカードの一枚といえるだろう。

江幡睦(伊原道場) vs 良星(平井道場)

『RIZIN.22』で勝利した江幡塁に続き、江幡兄弟の双子の兄、江幡睦選手の登場。

新日本キックのエースとして世界で活躍し結果を残してきた江幡睦選手と『RISE』バンタム級1位でスピードとスタミナを活かした常に動き回るアグレッシブなファイトを見せる良星選手の戦いは国内屈指のキックボクシングの戦いとなる。

良星選手は11月1日(日)エディオンアリーナ大阪で開催される『RISE DEAD OR ALIVE 2020』で弟の江幡塁選手との対戦が決まっているという面白いカードでもある。

久米鷹介(ALIVE) vs 北岡悟(ロータス世田谷/パンクラスイズム横浜)

パンクラスライト級王者の久米鷹介選手に対して、経験豊富な北岡悟選手がどのような勝負を繰り広げるのか? 

KO勝利が一回もなく、逆に一本勝ちが20回という戦績を持つ北岡選手がどのようにグラウンド勝負に持ち込むか、そしてそれに対し王者・久米選手がどのような戦いをするのか? 

ライト級戦線の位置取りが決まる一戦の一つだけに見逃せない。

武田光司(BRAVE) vs 川名雄生(Y&K MMA ACADEMY)

DEEPライト級王者の武田光司選手と修斗ライト級王者の川名雄生選手との一戦。これは『RIZIN』が目指してきた団体を超えたトップ同士の戦いとなる夢のカード。

漫画で言えば悟空対ルフィ、野球でいえば日本シリーズ。

浜崎朱加選手が「お互い負けるイメージが湧かない」というバッキバキの実力者同士のこの頂上決戦。レスリングも打撃も一流の2人の戦いの結果は神のみぞ知る。

と煽りまくった後ですが、二人ともひょうきんなところがあるのでSNSをチェック(笑)

朝倉海(トライフォース赤坂) vs 昇侍(KIBAマーシャルアーツクラブ)

順番で言うと朝倉未来 vs 斎藤裕の一戦をタイトルマッチにする予定だったが、初代の王者を決めるには準備期間が少なかった。

だからこそ『RIZIN』としてこれからさいたまスーパーアリーナでリスタートするのには王者・朝倉海が必要だった。 8月10日から間を開けずに行われるのは『DEEP』で衝撃的なKO勝ちをした昇侍選手との色気がある一戦。

この試合は「あんまり弱い相手とやりたくない」と語った朝倉海選手が昇侍選手の試合を観て、やりたいですとなり試合成立した模様です。

『RIZIN』でベルトを取るためにバンタム級に下げたという昇侍選手。積み上げてきたものを爆発出来るのか? 王者のワンサイドゲームになると予想していたら大外れになる可能性を秘めたカードだ。

昇侍選手は入場も見どころの一つ。

那須川天心(TARGET/Cygames) vs 皇治(TEAM ONE)

いろんな犠牲を払って『K-1』から『RIZIN』に来た皇治選手。その目的は那須川天心の首一つ。

一方、那須川天心サイドは10月11日に行われる『RISE DEAD OR ALIVE 2020 Yokohama』にも出ようかと考えていたほどの余裕を見せる。

大方の予想が天心選手の1ラウンド早期KOという中、内山高志氏から習ったという必殺技を武器に神童相手を相手にし皇治選手がどこまでの試合が出来るのか。この一戦はあまり多くを語る必要はないだろう。

【RIZINファイターも出演!】スカパー! presents 見どころ徹底解剖~直前スペシャル~

9月27日はパンクラス、RIZIN見るしかないでしょう。

【一言】見るしかないでしょう! youtubeからのRIZIN LIVEで行かせていただきます。

おぎちゃんねるトートバッグ、ロンT発売「凄いこれ 全然違う。」

おぎちゃんねるのトートバッグ、ロンTが発売になりました! トートバッグは大容量でお買い物袋に最適。これを片手にスーパーに行けば、格闘技ファンからニヤニヤされて自分もニヤける。そんな不思議な出会いがあるかもしれません(笑)

急に肌寒くなってきたのでロンTも大活躍することでしょう!

購入はこちら https://ogichannel.theshop.jp

【一言】お買い物袋を持って出かけるのを忘れることがなくなるので助かります!

ホベルト・サトシ・ソウザの『RIZIN.24』ライト級勝敗予想

武田光司 vs 川名雄生
武田光司選手の勝利と予想。川名雄生選手のことをよく知らないが戦績がすごい。いい試合になると思うが武田選手が勝つと予想。

矢地裕介 vs 大原樹里
矢地裕介選手の勝利と予想。大原樹里の打撃センスがすごい。矢地の打撃のセンスと試合のプランがすごい。KOで勝つと予想。

久米鷹介 vs 北岡悟
久米鷹介選手の勝利と予想。北岡選手は気持ちが強い。北岡選手はギロチンなどの決め技があるけど、久米選手の空手の打撃や投げのディフェンスも強いから久米選手の勝利と予想。

ホベルト・サトシ・ソウザがRIZIN.24 ライト級3カードの勝敗をズバリ予想!FIGHTERS EYE

【一言】ライト級戦線の予想をライト級の選手がするというは面白いですよね! 僕の予想とは一部違いましたが…。

『RIZIN.24』を予想してアマギフゲットだぜ!

砂辺光久選手のyoutubeにて、砂辺選手、小野寺氏、南氏の『RIZIN.24』の勝敗結果の中から、一番正解に近かい人を当てるとamazonギフトカードがもらえるキャンペーンを実施中です。

応募方法は砂辺光久Channelスタッフのtwitterアカウントをフォローして、一番近いと感じた人の名前リプ欄に名前を記入するだけ。果たしてあなたの予想はあたるのでしょうか?

企画内容に反して、小野寺さんと砂辺選手の勝敗予想がほぼ同じ…。そして3人とも同じ試合が8試合もあるので、内容での差で考えるとなるとめちゃくちゃ難しい(笑) 僕は全く同じではないですが、砂辺選手と予想しておきます。あ、この後記入しておきます。

朝倉海 KAI Channel登録者数70万人超える

朝倉海選手のKAI Channleの登録者数が70万人を超えました。格闘家のチャンネルとしては兄・未来選手153万人に続く2位の登録者数となります。

【一言】いやー、すごいですね。。尚、格闘技界で見ると那須川天心チャンネルは現在39万人で6位、ヤッチ君は20万人で12位、安保瑠輝也チャンネルは19万人で13位という感じになっています。

見逃したニュースはありましたでしょうか? 明日も(元気で時間があれば)更新します。気に入っていただけたら「いいね」ボタンとチャンネル登録はないのですが、よろしくお願いします。

【総括】RIZIN、パンクラス盛り上がってきたぞ~!

コメント

タイトルとURLをコピーしました