第3代RIZINバンタム級新チャンピオンに輝いた朝倉海の勝利者インタビュー 全文書き起こし

第3代RIZINバンタム級新チャンピオンに輝いた朝倉海の勝利者インタビュー 全文書き起こし RIZIN

2020年8月10日に行われた『RIZIN.23』のメインカードである、朝倉海 vs 扇久保博正戦に見事勝利し、第3代RIZINバンタム級新チャンピオンに輝いた朝倉海選手の勝利者インタビューを全部書き起こしました。

朝倉海、勝利者インタビュー全文

朝倉海選手(以下海)「こんにちは、朝倉です。あのー、今回本当にたくさんの人の支援のおかげでこうやって大会を開催することが出来て、こうやって試合が出来ました、本当に感謝しています」

インタビュアー「朝倉海選手、改めてその腰に巻かれたベルトの重み、いかがですか?」

海「いや、本当は、去年の大みそかに取りたかったんですけど、みなさんお待たせしました。」

インタビュアー「あの大晦日掴み損ねたベルトをついに掴み取りました。相当強くなって帰ってきましたね」

海「もう本当に悔しくて、本当に必死こいて練習してきました。」

インタビュアー「今回、扇久保選手との対戦だったんですけども、どんな思いでリングに上がったんですか?」

海「もうしっかり準備はしてきてたんで、本当に自信を持って戦うことが出来ました。」

インタビュアー「そしてテクニカルノックアウト勝利、あの勝利の瞬間、ゴングが鳴らされた瞬間、どんな気持ちでした?」

海「いや、本当にやってきたことは間違ってなかったなと、本当に良かったなと思いました。」

インタビュアー「それではですね、ちょうどフィニッシュシーンをVTRで用意してありますので、それをご覧になっていただいて解説していただきたいと思います。まずはですね、海選手、このアッパーから入ります。ここは狙い?」

海「やっぱり扇久保選手が下を向く癖があったんで、もうアッパーと膝は狙っていました。」

インタビュアー「なるほど。そしてこの後は、膝蹴りですね。これも狙いですか?」

海「この二つは本当に狙っていました」

インタビュアー「はー、後は一気の、怒涛の攻めです。一気呵成(いっきかせい)でした。」

海「もう効いたら一気に畳みかけようと思ってたんで、本当に作戦通りにいきました。」

インタビュアー「なにか堀口恭二戦を彷彿とさせる怒涛の攻めでしたけれども、ご自身、あそこでもう決めてやるんだという想いは相当強かったんですね。」

海「そうですね、一発効いたら絶対しとめるっていう気持ちでいました。」

インタビュアー「しかし、判定ではなくテクニカルノックアウト勝利での王座戴冠という気持ちはどうですか?」

海「いやー本当に気持ちいいです。でも、多分みんなが観たいカードって僕と堀口選手の試合だと思うんで、実現させてください。」

インタビュアー「ファンのみなさんの答えは、この声援から、声援というよりも拍手から聞こえてきますね。では最後に新チャンピオン朝倉海選手からファンのみなさんにメッセージをお願いします。」

海「あのー、もう何度も言ってるんですけど、日本の格闘技を盛り上げたいんで、僕が先頭に立ってもっとRIZINをでかくできるように頑張るんでこれからも応援お願いします。ありがとうございました!」

インタビュアー「見事、第3代RIZINバンタム級新チャンピオンに輝きました朝倉海選手でした。」

コメント

タイトルとURLをコピーしました