次回の『RIZIN』は9月末予定? 朝倉海 vs 堀口恭司は今年の大晦日で決定? 朝倉未来のタイトルマッチも? 

次回の『RIZIN』は9月末予定。朝倉海 vs 堀口恭司は今年の大晦日で決定? 朝倉未来のタイトルマッチも?  RIZIN

2020年8月10日に行われた『RIZIN.23』のメインイベントに勝利し第3代RIZINバンタム級新チャンピオンに輝いた朝倉海選手。 勝利者インタビューで「多分みんなが観たいカードって僕と堀口選手の試合だと思うんで、実現させてください。」と堀口恭司選手を対戦相手として指名しました。

堀口選手も朝倉海選手との再戦に向けて前向きな姿勢を見せており、「おめでとう海くん! 待っててね!」とツイートするなど、やる気十分です。

さらに試合終了後のインタビューで榊原CEOが「恐らく大晦日になると思うが、そこに向けて準備をして行こうと思うし、堀口にもこのメッセージを送ろうと思う。」と語っており、今のところ日本人同士の夢のビッグマッチの実現に向けて障害はなさそう。

さらには朝倉未来選手が『RIZIN.23』で勝利した斎藤裕選手に対し、「この(今日の)戦いがフェザー級の1位なら次の大会で(斎藤裕選手と)ベルトをかけて戦えればいいかなと思う。」と発言し、斎藤裕選手が「まー、タイミング合えばお願いします。」と答えたことで、二人のタイトルマッチが期待されましたが、榊原CEOが試合後の会見で

「フェザー級は、斎藤選手も青井選手もクレベル・コイケ選手も、未来とやる前に、1、2試合インパクトを残して勝って欲しいですね。未来には初代フェザー級タイトルマッチをやらせたいと思っているので、未来と戦うのにふさわしい相手が誰か考えたいです。斎藤選手といきなりってことは無いかなと思います。例えば昨日勝った萩原選手と斎藤選手がやって、修斗王者の強さを見せてからとかですね。」

と語っており、朝倉未来選手とのフェザー級タイトルマッチの対戦相手をこれから慎重に見定めていきたい様子です。

次回の『RIZIN』は9月末の開催に向けて動いているそうですが、フェザー級戦線には目が離せそうにないですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました