打撃を要所要所で当てた 久米鷹介が高度な技術戦を制し北岡悟に判定2-1で勝利

右フックからグラウンドに持っていく北岡。

下からギロチンを狙う久米。

ハーフガードからサイドポジションへと移行しようとするが、久米も譲らない。

一瞬の隙をついて蹴り上げから久米が立ち上がる。

立ち上がってから久米が右ストレートを入れテイクダウンを狙う。

下からギロチンを狙う北岡。

ロープをうまく利用し逃げる久米。

1ラウンドはグラウンドを主体としたハイレベルな戦いとなった。

2ラウンドは組みからブレイク、だがまた組み。

左ひざを北島に入れていく久米。

久米が打撃から組み付き、この展開が続く。

離れ際、北島がフック気味の右を入れるがまた組み。

組み、組み、組み。組みの高度な攻防が続いているのだろう。

そしてブレイク。

久米が左右のパンチを中心に打撃を入れていくかがまた組み。ロープ際で北岡が押し込まれるシーンが続く。

北岡はそのままギロチンを入れるがそこで2ラウンド終了。北岡からは左目の上から出血。

ギロチンを力いっぱいしてきた北岡の体力が切れたか?

北岡のショートフックが北岡の顔面をとらえる。そしてコーナーで組み。このシーンを観るのは何回目だろうか。

これはこの展開のまま終わってしまうのか。

ここでタイムストップが入り北岡の出血によるドクターチェックが入る。

戻ったところで久米がストレートやハイキックなど放ち強い打撃を北岡に当て、そして組み。

今回は久米が足をかけてテイクダウンするが、コーナーにつまったところで立ち上がって組み。

北岡はギロチンを狙うが、このタイミングでは極めきるのは難しいか。

北岡がバックを取られたところでアームロックを狙うが、もはや極めきる体力は残っていないように見える。

高度な技術戦がつまった試合は、打撃を要所要所で当て、決定的な場面を作らせなかった久米が2-1で勝利。

コメント

タイトルとURLをコピーしました