『ONE: NO SURRENDER III』試合結果 – Little Tiger(宮内彩香)選手は身長差ある相手に善戦するも惜敗

2020年8月21日に配信された『ONE: NO SURRENDER III』。2試合目に登場したLittle Tiger(宮内彩香)選手は慎重差があるマリー・ルーメット選手相手に善戦するも、首相撲で上から組まれ膝や肘をもらい、距離があるところではストレート、離れるとミドルと試合を組み立てられ惜敗。相手のマリー・ルーメット選手は若干まだ二十歳ながらテクニックを見せつけました。

センチャイ選手をムエタイで倒しているファビオ・ピンカ選手のMMA転向後初の試合で注目された第4試合のシャノン・ウィラチャイ対ファビオ・ピンカ戦は終始ファビオ・ピンカ選手が打撃で押し、ローキックを効かせましたが、1R終盤に放ったハイキックの打ち終わりに転倒してパウンドをもらったり、2Rで相手のハイキックの打ち終わりに不用意に近づいたところでバックブローをもらってフラッシュダウンしたりと印象が悪いシーンを作り判定負け。

バンタム級ムエタイトーナメント一回戦となったクラップダムvsセンマニーは、1R終盤にクラップダムが放った右アッパーからのストレートをセンマニーがまともに食らい、1RKO勝利。

配信前からクラップダムの1RKO勝利の噂が流れ、その通りになったため、SNSが騒然する一幕も見られました。

バンタム級ムエタイ
〇クラップダム・ソー・チョー・ピャッウータイ
KO(1R2分45秒)
●センマニー・クロンスアンプルリゾート

フライ級ムエタイ
〇モンコルペット・ペッティンディーアカデミー
判定勝利
●ソク・ティー

フェザー級
〇シャノン・ウィラチャイ
判定勝利
●ファビオ・ピンカ

ストロー級ムエタイ
〇ワンダーガール・フェアテックス
KO(1R1分21秒)
●ブルック・ファレル

アトム級ムエタイ
〇マリー・ルーメット
判定勝利
●Little Tiger(宮内彩香)

フェザー級
〇ベン・ロイル
TKO(3R3分27秒)
●クインティン・トーマス

コメント

タイトルとURLをコピーしました